All archives    Admin

02月≪ 2008年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 我が家の子供達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.28 (Fri)

命の責任。

以前、知人から貰った言葉。

あなたの涙と言葉は信じない。
信じられるのは「行動」よ。


最近、その言葉をふと思い出す時があります。

あゆむさん
by 我が家の癒しキャラのあゆむさん

うちの子たちがみんな、健康体だった時は

「病気については3~4年くらい先のこと」

と他人事のように、楽観的に考えている部分が多々ありました。

はるとゆうちゃん
by お食事タイム中のはるとゆうちゃん

はる・ゆうちゃん・あゆむさんが1歳過ぎに立て続けに軟便気味になった時も

「一過性なものかな?」

くらいにしか考えていなかった私。

※毎月恒例の体重測定で体重の減少が止まらないことだけが気がかりでした。

ゆうちゃん
by ダックスープを堪能中のゆうちゃん

が、あゆむさんが1歳の誕生日直後にリンパ腫を発病して以降、フードの見直しを行った時に1歳過ぎで健康体のはる・ゆうちゃんの軟便が解消した時、うちの子たちの食生活や健康管理が大切なものなのか、思い知らされた気がしました。

正直、頭を「ガツーン」とハンマーで殴られた気分でした。
うちの子たちの嗜好性が高いフードばかりを選んだ結果なのかもしれません。
これは私自身の責任です。

人間に例えれば、お肉は大好き、でも野菜は嫌い。
野菜は食べないから、お肉ばかりを与え続ける。
でも人間の身体的にはこれってあまりよくないことですよね?

はるとゆうちゃん
by ダックスープを堪能中のはるとゆうちゃん

少しでも病気の予防になればと思い、1歳過ぎ組で健康体のはるとゆうちゃんには

★ 朝:ダックスープ
★ 晩:ウォルサム免疫サポート

をあげています。

※位置付け的にはサプリみたいなものです。

正直、色々なサプリを購入して、もっとサポートしてあげたいです。
だけど、家計的にもそこまで手が回らないのが私の今の現実です。

なな
by お食事タイム中のなな

あゆむさんの発病以降、自身のブログの雰囲気も変わった気もしています。

発病前はうちの子たちの日常をカキコして、フェレ友さんたちとワイワイ楽しく。
それで充分、満足していました。

だけど、発病後の今はちょっと違います。
「可愛い」と同時に、うちの子たちの「命の重さ」をずっしりと感じます。

はるとなな
by はるとななの2ショット

発病時、後ろ足が立たなくなったあゆむさん。
しばらくはずっと右よりに傾き歩行をしていたあゆむさん。
壁やゲージにぶつかりながら、お気に入りの寝床まで必死に歩くあゆむさん。

ハタから見てて、胸がはりさけそうでした。
まっすぐ歩けることが当たり前のようで、実は当たり前でないこと。

なな
by 最近のなな

うちの子たちがいっぱいご飯を食べて、いっぱい遊んで、いっぱい寝ていることが最近、嬉しくてたまりませんでした。

ハタから見ると、些細なことかもしれません。
だけど私には、とってもとっても幸せなことです。

大事な人たちが今日1日、生きていてくれること。
これって当たり前のようで当たり前じゃないですよね?

なな
by まったりタイム中のなな

うちの子たちの「命の責任」
それは私自身が今、握っているものです。

些細なことでも見落とせば、命取りになる。
最近、あゆむさんの闘病生活や他のブログの方の記事を通して、そのことをひしひしと感じています。

だって、動物は人間のように自身の異変を「なんか、体調が変だよ」って言葉で表現出来ませんよね。

ゆうちゃん
by PCめがけてジャンプ直前のゆうちゃん

「大事」と言葉ではいくらでも言えます。
いざという時に「大事」と思う気持ちが行動で表せるかどうか?
動物病院に連れて行ったり、主治医の先生に連絡をとったり…と。

最後に…。
これはあくまでも私自身の見解です。
決して押し付けているつもりはありません。


≪追記≫

1つ、自身の体験談をカキコさせて頂こうと思います。
うちの先住の子…むむは去年の1月、夜に突然、ぐったりして、夜間外来を行っている動物病院に連れて行きました。

当時、特に動物病院にこだわりをもっていなかった私。
連れて行った病院は犬・猫が専門で、エキゾチックアニマルは専門外とのこと。
とりあえず、様態が危険な為、一時的に入院させて頂くことになりました。

翌朝の5時頃、動物病院から「様態が急変しました」と電話が入りました。
駆けつけた時、むむはもう、虹の橋へ旅立ってしまっていました。
そう。
死に目に間に合わなかったのです。

むむの死因は不明です。
専門の病院を探していなかった自身の不徳が招いたことです。
「可愛い」だけでなく「命の責任」も同時に背負っていること。
そのことをむむが最初に身を持って教えてくれた気がします。



(click♪) 「命の責任」について、思っていること・感じていることが伝わったかな?
FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

15:39  |  つぶやき日記  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。