All archives    Admin

01月≪ 2017年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728 我が家の子供達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.28 (Fri)

命の責任。

以前、知人から貰った言葉。

あなたの涙と言葉は信じない。
信じられるのは「行動」よ。


最近、その言葉をふと思い出す時があります。

あゆむさん
by 我が家の癒しキャラのあゆむさん

うちの子たちがみんな、健康体だった時は

「病気については3~4年くらい先のこと」

と他人事のように、楽観的に考えている部分が多々ありました。

はるとゆうちゃん
by お食事タイム中のはるとゆうちゃん

はる・ゆうちゃん・あゆむさんが1歳過ぎに立て続けに軟便気味になった時も

「一過性なものかな?」

くらいにしか考えていなかった私。

※毎月恒例の体重測定で体重の減少が止まらないことだけが気がかりでした。

ゆうちゃん
by ダックスープを堪能中のゆうちゃん

が、あゆむさんが1歳の誕生日直後にリンパ腫を発病して以降、フードの見直しを行った時に1歳過ぎで健康体のはる・ゆうちゃんの軟便が解消した時、うちの子たちの食生活や健康管理が大切なものなのか、思い知らされた気がしました。

正直、頭を「ガツーン」とハンマーで殴られた気分でした。
うちの子たちの嗜好性が高いフードばかりを選んだ結果なのかもしれません。
これは私自身の責任です。

人間に例えれば、お肉は大好き、でも野菜は嫌い。
野菜は食べないから、お肉ばかりを与え続ける。
でも人間の身体的にはこれってあまりよくないことですよね?

はるとゆうちゃん
by ダックスープを堪能中のはるとゆうちゃん

少しでも病気の予防になればと思い、1歳過ぎ組で健康体のはるとゆうちゃんには

★ 朝:ダックスープ
★ 晩:ウォルサム免疫サポート

をあげています。

※位置付け的にはサプリみたいなものです。

正直、色々なサプリを購入して、もっとサポートしてあげたいです。
だけど、家計的にもそこまで手が回らないのが私の今の現実です。

なな
by お食事タイム中のなな

あゆむさんの発病以降、自身のブログの雰囲気も変わった気もしています。

発病前はうちの子たちの日常をカキコして、フェレ友さんたちとワイワイ楽しく。
それで充分、満足していました。

だけど、発病後の今はちょっと違います。
「可愛い」と同時に、うちの子たちの「命の重さ」をずっしりと感じます。

はるとなな
by はるとななの2ショット

発病時、後ろ足が立たなくなったあゆむさん。
しばらくはずっと右よりに傾き歩行をしていたあゆむさん。
壁やゲージにぶつかりながら、お気に入りの寝床まで必死に歩くあゆむさん。

ハタから見てて、胸がはりさけそうでした。
まっすぐ歩けることが当たり前のようで、実は当たり前でないこと。

なな
by 最近のなな

うちの子たちがいっぱいご飯を食べて、いっぱい遊んで、いっぱい寝ていることが最近、嬉しくてたまりませんでした。

ハタから見ると、些細なことかもしれません。
だけど私には、とってもとっても幸せなことです。

大事な人たちが今日1日、生きていてくれること。
これって当たり前のようで当たり前じゃないですよね?

なな
by まったりタイム中のなな

うちの子たちの「命の責任」
それは私自身が今、握っているものです。

些細なことでも見落とせば、命取りになる。
最近、あゆむさんの闘病生活や他のブログの方の記事を通して、そのことをひしひしと感じています。

だって、動物は人間のように自身の異変を「なんか、体調が変だよ」って言葉で表現出来ませんよね。

ゆうちゃん
by PCめがけてジャンプ直前のゆうちゃん

「大事」と言葉ではいくらでも言えます。
いざという時に「大事」と思う気持ちが行動で表せるかどうか?
動物病院に連れて行ったり、主治医の先生に連絡をとったり…と。

最後に…。
これはあくまでも私自身の見解です。
決して押し付けているつもりはありません。


≪追記≫

1つ、自身の体験談をカキコさせて頂こうと思います。
うちの先住の子…むむは去年の1月、夜に突然、ぐったりして、夜間外来を行っている動物病院に連れて行きました。

当時、特に動物病院にこだわりをもっていなかった私。
連れて行った病院は犬・猫が専門で、エキゾチックアニマルは専門外とのこと。
とりあえず、様態が危険な為、一時的に入院させて頂くことになりました。

翌朝の5時頃、動物病院から「様態が急変しました」と電話が入りました。
駆けつけた時、むむはもう、虹の橋へ旅立ってしまっていました。
そう。
死に目に間に合わなかったのです。

むむの死因は不明です。
専門の病院を探していなかった自身の不徳が招いたことです。
「可愛い」だけでなく「命の責任」も同時に背負っていること。
そのことをむむが最初に身を持って教えてくれた気がします。



(click♪) 「命の責任」について、思っていること・感じていることが伝わったかな?
FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

15:39  |  つぶやき日記  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

みゃさんへ♪

みゃさん、こんばんわ。
いつもご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

>あなたの涙と言葉は信じない。
>信じられるのは「行動」よ。


この言葉を頂いたのはもう2~3年前くらいのことかな?
今でも印象的に残っている言葉です。
行動を起こして、失敗した部分…例えば仕事で潰れちゃったことなどありますが、不思議と後悔はないです。
自分なりの精一杯で行動した結果。
そして生きている限り、失敗を教訓に次に生かしていけばいいって。

あゆむさんのことは先住のむむのことが自身の中で教訓になっている感じです。
むむが亡くなる2日前に「食欲がちょっと落ちているかなぁ」と些細な異変は起きていたのですが、あまり気に留めていなかった結果、あの突然の急死でした。
むむのこと、可愛いと思ってた。
大事だと思ってた。
だけど、行動が伴っていなかった。

あゆむさんの発病時の「後ろ足が立たない」。
実はむむも様態がおかしくなった時、同じ症状でした。
だから余計、病気と仲良くしながら生きているあゆむさんを見れて、ほんと嬉しくてたまらないんです。
でもやっぱりあゆむさんの通院日は「今回の血液検査の結果は大丈夫かな?」とハラハラしながら動物病院に行っています。^ ^;

いつも見守ってくださって、どうもありがとうございます。
ととろ@管理人 | 2008年03月31日(月) 23:52 | URL | コメント編集

あなたの涙と言葉は信じない。
信じられるのは「行動」よ。


いい言葉ですね。

ととろさんのおっしゃること、よくわかりますよ。
「当たり前」「普通」がどれだけありがたいことなのか、わかっているつもりでいても何かが起こったときに「自分は何も解っていなかった」ことを思い知らされることってありますよね。
「うちのこだけは大丈夫」っていう、根拠のない自信であったり、「そんなはずはない、そんなことがあっていいはずがない」という不安からの逃避であったり。

それから目をそむけずに、歩くんと一緒に戦っているととろさんは本当にえらいなぁと思います。
「うちの子はまだ大丈夫」なんて甘えの気持ちがあるときに、ととろさんのブログ見ると本当にガツンて来るんですよ。
これからも応援しています。
みゃ | 2008年03月31日(月) 15:57 | URL | コメント編集

皆様に返信です☆

コメントを1つ1つ、ゆっくり拝見させて頂きました。
自身の本音に答えてくださる皆様に出逢えたことにとても感謝しています。
どうもありがとうございます。



>たろももの母さんへ♪

たろももの母さん、こんばんわ。
いつもご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

実はみもらーさん宅のしゅーちゃんの出来事も今回の記事を書こうと思ったきっかけの1つでした。
他の方のブログで突然、様態が急変したフェレちゃん(その子は無事に生還しました)のこと、そして今は亡きむむのことをふと思い出して…。

はる・ゆうちゃん・あゆむさん・かいと・ななとの1年2ヶ月の生活の中で色々な出会いと別れがありました。
近所のショップで1年ちょっとの若さで虹の橋に逝ってしまったフェレちゃん。(アルビノちゃんでとっても可愛い子でした)
里子ちゃんと関わった時、「かみ癖がひどいから」「病気で手に余るから」と駅や公園で捨てられているフェレちゃん。

極端な話、自身がもし、とても経済的に豊かだったら、もし私で良ければ「み~んなウチにおいで」って言いたいです。
でも現実はうちの子たちで現在、経済的にカツカツの状態。

今、自分が出来ることは何だろう?…って考えた時、自身の体験を述べ伝える。
色々考えても最後に行き着くところはそこなんですよね。
自身の体験を読まれている方がどう感じるか。
そこは皆様にお任せの部分です。

闘病生活についてはいつかたろももの母さん宅のたろうちゃん・ももたん・さくらたん・らんちゃんが病気になった時に…くらいであまり難しく考えないでくださいね。
私もあゆむさんの闘病生活が始まって、先生に色々と噛み砕いて教えて頂いて、やっと理解している状態です。(苦笑)
最初はフェレの病気に関する資料を読んでも頭の中が「???」になっていました。(汗)

今は男の子組の体重が伸び悩みで、結果が出ない焦りと不安で、そのことが思いっきりブログの雰囲気に出ていると思いますが、落ち着くまでもうちょっとお待ちくださいね。
そして、いつも見守ってくださって、どうもありがとうございます。


>ともさんへ♪

ともさん、こんばんわ。
いつもご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

>私も実際 病気になった時の事は考えるけど
>現実になるのは先かな、なんて考えてる部分
>があります。


私もほんと、あゆむさんの発病前まではその1人でした。
例えるとニュースで殺人事件が報道されていても、自分には起こらないとどこかで思っている。
でも、実際は起こらないとは言い切れない部分で「明日はわが身」なんですよね。(苦笑)

サプリについてもあゆむさんの発病前まで全く無関心でした。
私は現在、独身&休職中の身で、去年に比べて収入も減り、そして出来る範囲も限られています。
はる・ゆうちゃん・あゆむさんをお迎えした頃はまさか自身がドクターストップで休職せざるをえない状況になるなんて、想像もしていませんでした。

おっしゃる通り、気持ちの余裕がどこか飛んでいる気がします。
「急いてはことを仕損じる」とはまさしく今の私の状態です。(汗)


>匿名さんへ♪

匿名さん、こんばんわ。
ご訪問&コメント、どうもありがとうございます。
メール送信後、匿名さんのブログに一報を入れさせて頂きます。
ワガママリクエストに答えてくださって、どうもありがとうございます。


>ハナコさんへ♪

ハナコさん、こんばんわ。
いつもご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

うちの子たちの中で初めてワクチン未接種&ふやかしフード中にお迎えした子はあゆむさんなのです。
小柄な割にバトルが強くて、抱っこ&ナデナデが大好きで…。
今、ハナコさんへのお返事をカキコしながらふと、あゆむさんをお迎えしてから今に至るまでのことを走馬灯のように頭の中で駆け巡っていました。

出会いがあれば必ず別れがやってきます。
その別れがいつやってくるのか?
それは神様にしか分かりません。

私も20代後半で相次いで両親が他界するなんて想像していませんでした。
両親が生きていた頃はこの時間が永久的に続くような。
そんな錯覚に陥っていた時もありました。

私が先に逝くのか?
うちの子たちが先に逝くのか?
順番はどうか分かりませんが、一緒に生活している「今」の時間を大切に過ごしていきたいなぁ…と思っています。


>グープーさんへ♪

グープーさん、こんばんわ。
いつもご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

そうですね。
「泣く」ことも大事。
って私もここ1ヶ月、何度泣いたことか…。(苦笑)
お互いに無理は禁物…ですネ☆

行動に移す時ってほんと、時には勇気が必要な気がします。
(↑これってビビリの私だけかな?汗)
結果が聞くのが怖い。
不安が的中したらどうしよう?
あゆむさんの通院日の度にそんなことを考えています。

ホップちゃんの体調が良くなりますようにうちの子共々、関東より心からお祈りさせて頂きます。


>こりぴぃさんへ♪

こりぴぃさん、こんばんわ。
いつもご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

>衝動買いして、育てきれずに捨てちゃう
>飼い主もいますから


里子ちゃんと関わらせて頂いた時、現実を目の当たりにして切なくなった1人です。
噛み癖の他に病気で捨てられちゃう子も実はいるんです。
人の価値観も十人十色で自身の価値観を押し付ける訳にもいかないですし、「命の責任」についても自身の体験を述べ伝え、受け取り方は読まれた方にお任せ…という感じです。

こりぴぃさん宅のララちゃんも、もうすぐシニアの年齢になるんですね。
「老い」は生きとし生けるもの全ての宿命ですものね。

心でちょっと何かを感じて頂けるだけでも光栄です。
あ、難しすぎる時は「難しい~っ」って言って頂けるとありがたいです。
(↑私、無意識にカキコしている部分が多々あると思いますので 汗)

いつも見守ってくださって、どうもありがとうございます。


>みむままさんへ♪

みむままさん、こんばんわ。
いつもご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

うちでは悲しいことにあゆむさんが1歳で闘病生活に入ってしまいましたが、でも、治療が始まってから、まっすぐ歩けるようになって、病気と仲良くしながら普段と変わらない生活を送っています。
(↑以前のようにあまり、バトルはしなくなってしまいましたが… 泣)
だから私も最近は食生活の面以外は以前と変わらないスタイルでうちの子たちと生活しています。

みいにゃちゃん、むむちゃん、めるちゃんとの「今」の生活、大事にしてくださいね。
体重チェック、開始しましたか~。
あ、これ、もしかしたらうちだけかもしれませんが、朝と晩だと朝の方が体重がある気します。
(↑20gくらいの誤差が起きて、頭の中が「???」になり、今は晩に体重を量っています)
ととろ@管理人 | 2008年03月29日(土) 05:13 | URL | コメント編集

我が子の闘病を考えたくはありませんが
そんなことも言ってられないのが現実。
まだまだ先なんて逃げてる部分もあります。
フェレも人間も同じ。
いつ何が起こるかなんて分からないからこそ
毎日を大事にしてかなきゃなって思います。
ご飯を食べて、いいうんにょして、元気いっぱい遊んでる姿を当たり前であるように、どんな些細な変化も見逃さないように声にならない声を聞き逃さないようにしたかなきゃな。って改めて思いました。
まず、行動!
サボりがちになっていた毎日の体重チェック再開しました☆
みむまま | 2008年03月29日(土) 01:29 | URL | コメント編集

こんばんわ☆ミ
この記事を読んで、命の責任を改めて考えさせられました・・・。
衝動買いして、育てきれずに捨てちゃう飼い主もいますから
命の責任を真剣に考えることも、すごく大切だと思います。

本当に言うと、うちの姉妹は今のところ元気なので
他人事のようしか、思えない部分もあります・・・。
でも、ララたんは来年、おばあちゃんになりますよね?
本当は、そんな現実を受け止めたくないけれど
フェレットの人生は、人間よりも10倍も短いんで
くよくよする暇はないと思うし、毎日チェックし
姉妹との触れ合いを、1日1日を大切にしていきたいって思う。
ととろさんの記事を読んで、勉強しておりますし。
難しくて、わからないところもいっぱいあるけど・・・
心から、応援してます!

こりぴぃ | 2008年03月28日(金) 22:31 | URL | コメント編集

便の状態、体重の減少・・・うちのホップもなんだか変だと感じます。
人間の一日がフェレにとっては何週間分にもなるから、恐いけれど明日病院へ連れて行こうと決意しました。
行動することは大切。
でも涙は、勝手に溢れてくるんだ。
泣くことだって大切です!今の私たちに我慢は禁物ですからね☆
グープー | 2008年03月28日(金) 22:17 | URL | コメント編集

命の責任・・・そうですよね。
この子達は飼い主である私たちなしでは生きていけないですから。
人間の寿命を80歳とし、フェレの寿命を8歳(長生きですが。)としたときに、私たちの10分の1しか寿命がない。
フェレ達の1年、いや1日、1分は人間の10倍のスピードで進んでることになりますね。
そう考えると少しの時間でも大切にしていきたいなとひしひしと感じます。
そして、他の誰でもなく自分と一緒に生活することが一番の幸せだと・・・
無条件で愛情をくれるフェレ達にそれ以上の愛情をあげたいですよね!!
ハナコ | 2008年03月28日(金) 21:18 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年03月28日(金) 18:15 |  | コメント編集

誰だって我が子が闘病生活を送るのはまだ先…という考えは抱いているはずだと思う。
私も実際 病気になった時の事は考えるけど現実になるのは先かな、なんて考えてる部分があります。先代は生まれつきの持病もちだったので、いつ何があるかわからないような子だったんですけどね(^_^;)
私も健康なうちから予防をと考えて以前からサプリなど利用しています。
あとはなるべくストレスが少ない生活を…と…

試してみたいサプリなどもたくさんあるんですが、自分で稼いでいない今は自由になるお金がなくて好きに購入できない~(>_<)

あんまり頑張りすぎると気持ちに余裕がなくなっちゃうから、時には息抜きとかして下さいね。
とも | 2008年03月28日(金) 17:32 | URL | コメント編集

こんにちは!
実は今 先日 亡くなってしまった しゅーちゃんのことを
記事に書いたあとで こちらへ来たため、
私も この記事に書かれていること 自身の胸にグッときてます。
命の責任、わかります!
今現在、うちの仔は元気だけど、あゆむくんの病気を知ってから、
正直 私の中で うちの仔が あゆむくんのような病気にかかったら、
私はどれだけのことをしてあげられるのだろうって真剣に考えちゃってます!
これって、私も どこか 他人事、先のことって思っていた証拠ですよね…。
私のそんないい加減な気持ちに 渇を入れてくれたのは あゆむくん、そして、ととろさんです。
闘病記事、難しいことがいっぱいでも 理解できるまで 何度も読ませてもらっています!
ブログの内容がどうであれ、ずっと応援していますよ♪
たろももの母 | 2008年03月28日(金) 16:34 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://totoro2989.blog109.fc2.com/tb.php/201-0244498a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。